【つくば】マタニティ整体のメリットは?施術を受ける時期と注意点

【つくば】マタニティ整体のメリット・施術のタイミング・注意点をチェック

マタニティ整体は、妊娠中の様々な不調にアプローチし、心身ともにリラックスできる効果的な施術です。施術を受ける際は注意点を守り、経験豊富な施術者を選ぶことが大切です。こちらでは、マタニティ整体に興味がある方へ、そのメリットやいつからいつまで施術を受けられるのか、施術を受ける前に必ず押さえておきたい注意点について解説します。

つくば市でマタニティ整体に対応する整体院をお探しでしたら、すこやかケアーへお越しください。それぞれに合わせた整体で、妊娠中の不快感軽減・心身のリフレッシュにつながる施術を提供いたします。

赤ちゃんへの影響は?マタニティ整体を受けるメリット

赤ちゃんへの影響は?マタニティ整体を受けるメリット

妊娠中の腰痛やむくみの緩和

妊娠中の体重の増加や体の変化により、腰痛やむくみといった不調を感じる妊婦さんは多くいらっしゃいます。マタニティ整体では、こうした妊娠に伴う身体の変化に寄り添った施術を行うことで、以下のようなメリットが期待できます。

  • 腰痛の緩和:骨盤の歪みを整え、腰椎への負担を軽減することで、つらい腰痛を和らげます。
  • むくみの軽減:リンパの流れを改善することで、足やひざ、手の腫れを軽減します。

整体師は、妊婦さん一人ひとりの状態に合わせて手技やストレッチなどを行いますが、万が一施術中に違和感や痛みがある場合はすぐに伝え、施術を中止することが大切です。また、いつから施術を受けられるか、医師に相談することも重要です。

出産時の負担軽減

マタニティ整体は、出産時の負担を軽減する効果が期待できます。施術で体の柔軟性が高まると、出産をスムーズに進められます。例えば、お尻にある梨状筋(りじょうきん)をほぐしてゆるめることで胎児が通りやすい産道になり、出産がしやすくなります。また、マタニティ整体は妊娠中の余計な筋肉の緊張をほぐせるメリットがあります。余計な緊張をほぐすことで、出産時の体への負担軽減、痛み緩和につながりやすくなるでしょう。

胎内環境を良好にする

マタニティ整体によって身体のバランスが整うと、血流が良くなる、筋肉の緊張がほぐれるなど、母体の健康状態とともに胎内環境にもアプローチできます。胎内の環境が良いということは、赤ちゃんも心地よく過ごせるということです。胎内環境が良いことで赤ちゃんが頭位になりやすい状態であれば、逆子のリスクも下げられるでしょう。ただし、逆子のリスクは個人差があり他の要因も複雑に関係しています。整体は補助的なもので、確実な予防法ではありません。

リラックス効果

妊娠中は、ホルモンバランスの変化により自律神経が乱れやすくなります。そのため、些細なことでイライラしたり心配になったりと、不安定な気分になりがちです。マタニティ整体は、そうした妊婦さんの不安定な気分を和らげるリラクゼーション効果があります。施術によって筋肉の緊張がほぐれ、リフレッシュした心地よい状態へと導かれるでしょう。また、マタニティ整体はつわりの改善につながるケースもあります。つわりは、代謝の変化・ホルモン環境の変化・妊娠前の疲れ・体の歪みなどが原因で起こる場合があり、それがマタニティ整体で改善される可能性があります。

マタニティ整体を受けられるのはいつからいつまで?

マタニティ整体を受けられるのはいつからいつまで?

マタニティ整体を受けるタイミングは、安定期が目安とされています。

妊娠週数マタニティ整体を受けるタイミング
~15週妊娠経過や体調など様子を見る
16週~27週安定期のため受けやすい
28週~陣痛のリスクがあり受けづらい

安定期(妊娠16週~27週)が目安

マタニティ整体を受ける時期は、妊娠16週~27週の安定期を目安とします。この時期はつわりも落ち着き、体調が安定してきます。一方でおなかが大きくなってくることで、腰痛やむくみなどの不調が出始めるため、マタニティ整体を受けるのに適した時期となります。高リスク妊娠の場合は時期を遅らせる、または控えた方が賢明でしょう。16週未満だと妊娠継続が不安定であることから控えた方がよく、28週以降はおなかが大きくなりすぎて受けづらくなる可能性があります。ただし、個人差があるためかかりつけの産婦人科医に相談し、いつからマタニティ整体を受けられるか確認することが重要です。

受ける前に医師に相談

妊婦さんの体調は個人差が大きく、人によって整体を受けられる時期が異なります。安全性を考えると、個別事例に応じて主治医に相談することが大切です。例えば以下のような場合は、主治医と相談する必要があります。

  • 切迫流産や切迫早産の既往がある
  • 妊娠高血圧症候群や羊水過多の症状がある
  • 多胎妊娠である

医師の判断を仰いで、整体を受けても問題ないかしっかりと確認しましょう。赤ちゃんへの影響を最小限に抑え、安全に施術を受けられるよう、適切なタイミングと方法を見極める必要があります。

マタニティ整体で必ず押さえておきたい注意点

妊娠中は、体の変化とともに様々な不調が現れる時期です。腰痛や肩こり、むくみなどの不調に悩まされている方も多いのではないでしょうか。そんな時、マタニティ整体は心強い味方となってくれます。しかし、マタニティ整体を受ける際には、いくつか注意すべき点があります。

安定期に入ってから受ける

妊娠初期は、胎盤がまだ安定していないため、強い刺激を受けることは避けた方がいいと言われています。そのため、マタニティ整体を受けるのは、安定期に入ってからがおすすめです。

必ず産婦人科医に相談する

マタニティ整体を受ける前に、必ず産婦人科医に相談しましょう。妊娠経過や体調などを確認し、整体を受けることが許可されるかどうか判断してもらいます。

経験豊富な施術者を選ぶ

マタニティ整体は、通常の整体とは異なり、妊婦さんの体に負担をかけないよう工夫した施術で行われます。そのため、マタニティ整体の経験豊富な施術者を選ぶことが大切です。

無理のない姿勢で施術を受ける

施術は、仰向けや横向きなど無理のない姿勢で行われます。もし、痛みを感じたり、苦しいと感じたりしたら、遠慮なく施術者に伝えるようにしましょう。

施術後はゆっくり休む

施術後は体が疲れているため、ゆっくりと休むようにしましょう。無理な運動や家事などは控え、リラックスできる時間を過ごしてください。

その他の注意点

妊娠経過や体調によって、受けられる施術内容が異なる場合があります。施術中に体調が悪くなったり出血などの異常を感じた場合は、すぐに施術を中止し産婦人科医を受診します。マタニティ整体は、あくまでも補助的なものです。妊娠中の体調管理は、食事や運動、睡眠などを普段の生活に気をつけることが大切です。

つくば市でマタニティ整体に対応するすこやかケアー

妊娠中に多い不調の一つに、腰痛が挙げられます。不調を軽減してできるだけ快適に過ごしたい、そんな方にマタニティ整体を提案いたします。

妊婦さんの心身は日々変化していくため、ちょっとした不調であれば「仕方がない」と我慢してしまう方もいらっしゃるでしょう。定期的にマタニティ整体を受けることは、妊娠中の心と身体のリフレッシュにつながります。

つくば市にあるすこやかケアーでは、整体・カイロプラクティック・気功を融合させた独自の施術を行います。その時の体調や状態に合わせて施術していきますので、まずはお気軽にご相談ください。

施術のご予約

【つくば】マタニティ整体を受けるならすこやかケアー

店舗名すこやかケアー
住所〒305-0042 茨城県つくば市下広岡1055-741
TEL0120-367-315
FAX029-855-0027
URLhttps://www.sukoyakacare.jp/
営業時間8:00 ~ 22:00
定休日木曜日
TOP