最新情報 rss

2015年10月29日(木)

腰痛と寒さの関係性について。

冬に多い肩こり・腰痛・神経痛は、厳しい寒さが原因になることがあります。
痛みなどの刺激を伝える末梢神経(知覚神経)は、私たちの体の全身に張り巡らされています。

体の末端部へ伸びていく末梢神経は、体の内部から筋肉の間を通って伸びていくものがあります。これは皮神経と呼ばれます。筋肉と筋肉の細い隙間を通るので、筋肉の状態により影響をうけやすくなります。

寒くなると、体が縮こまってしまう経験があると思います。その時、体の中でも筋肉が縮んで硬くなっています。
すると、筋肉と筋肉の細い隙間を通っている皮神経は挟まれてしまい、圧迫を受けます。

寒さで筋肉が硬直し、間に挟まれた皮神経は圧迫され、傷つくこともあります。もともと皮神経などの末梢神経(知覚神経)は、痛みなどの刺激を伝えているので、それ自体が傷つくとそこから痛みなどの刺激が起こり、肩こり・腰痛・神経痛を起こしやすくなります。
毎年、寒くなると、肩こり・腰痛・神経痛を感じる。
こんな方は、寒さで筋肉が硬直し、末梢神経が圧迫されていることが原因で症状が起きていることが考えられます。

寒いときは、カイロなどを肩や腰などにあてて暖かくし、筋肉が硬直しないように注意しましょう。

すこやかケアー(整体・カイロ・マッサージ・気功)