最新情報 rss

2014年10月16日(木)

つくば市の整体・カイロ・マッサージ・気功のすこやかケアーです。

この連続した台風の影響で、体調不良に悩まされている方々がいらっしゃいます。

さて、台風の時には体調不良がおきやすいと言われています。
頭痛、めまい、アレルギー、喘息、古傷の再発など・・・。
さてどうして台風が来ると体調が崩れるのでしょうか?

気圧が下がり天気が不安定になると「副交感神経」が優勢になり、活動的ではなくなります。 
ところが、気圧が低下すると「ヒスタミン」という物質が体内に増え(アレルギーや炎症を起こすので、花粉症の方にとっては嫌な物質ですね)神経伝達物質として「交感神経」を刺激します。
すると、交感神経(緊張させる神経)と副交感神経(リラックスさせる神経)の両方を刺激するので自律神経のアンバランスが生じます。

また、気圧が低下すると身体に掛かる圧力が低下します。
体が大気を押し返す力が優勢になるため、一つ一つの細胞が膨張ぎみになり血行不良を引き起こし「むくみ」も出易くなるのです。その上、気温の差に対し自律神経は敏感に反応します。 
寒暖の差に自律神経が順応できないと、睡眠の異常、動悸、イライラ、手足のほてりやのぼせ、めまい、偏頭痛、血圧の異常、午後の微熱などの症状が起き易くなるのです。
台風の時にはやや興奮気味にもなりますから、疲労物質も沢山発生します。
ゆったり構えてできれば穏やかにやり過ごしたいものですが、なかなか(笑)

温かいお茶をゆっくり飲む、素敵な香りを嗅ぐ、癒し系の音楽を聴くなどして
少し感覚刺激を加えると楽に過ごせるかもしれません。

すこやかケアー(整体・カイロ・マッサージ・気功)