最新情報 rss

2014年09月04日(木)

ストレス性の片頭痛もお任せください。

つくば市の整体・カイロ・マッサージ・気功のすこやかケアーです。

片頭痛の原因の一つとして、ストレスからの解放というものがあります。
頭の痛くなるようなストレスから解放されたのですから、リラックスして体調も良くなるように感じませんか?

でも、頭痛持ちの方のほとんどは、このストレス後の解放時に頭痛を感じた経験があるのではないでしょうか?
緊張の続く仕事がひと段落したとき、締切に間に合ってホッとしたとき、疲れて寝過ぎてしまったときなど。
思い当たることはありませんか?

たぶん多くの人が「あぁ、そういえば。」なんて思い当たることがあると思います。
実はこれにもちゃんと理由があるんです。

ストレスから解放されたとき、頭の中ではどんなことが起こっているんでしょうか?
ストレスがかかっている時に、脳の中ではセロトニンとう物質が放出されています。
このセロトニンという物質は「鎮静系の神経伝達物質」として知られており、ストレスに対抗するのに非常に大切なものなのです。
このセロトニンが、ストレスから解放されたことで急激に減少します。
急激にセロトニンが減少すると脳が興奮状態になってしまいます。
すると今度は、CGRPという血管拡張作用のある物質が三叉神経より放出されます。

このCGRPが曲者で、この血管拡張作用によって血管内の様々な物質が血管外に染み出てしまいます。
そうするとご想像の通り、炎症を起こしてしまい頭痛が起こります。

ちなみに、一般に片頭痛は女性が多いと言われています。
しかし、このストレスからの解放が原因で起こる片頭痛に関しては、男女差はありません。


緊張が続く仕事のあとや疲れがたまった時あと、気持が開放されたような時に片頭痛は起こりやすくなります。
そんなときは、事前に体を動かすなどして予防するといいでしょう。

ただ、痛みが出てから動くと頭痛がひどくなりますから、その時はお早めに御来院ください。

すこやかケアー(整体・カイロ・マッサージ・気功)