最新情報 rss

2014年08月04日(月)

つくば市の整体・カイロ・マッサージ・気功のすこやかケアーです。

この季節は熱中症に気を付けなければなりません。

暑さで食欲が低下しがちなこの時期ですが、食生活が乱れてしまうとからだの調子を整えるビタミンやミネラルまで不足してしまい、中でもビタミンB1が不足すると、糖質を摂取してもエネルギーに変えることができず、乳酸などの疲労物質がたまって疲れやすくなり、夏バテや熱中症にかかりやすくなってしまいます。ビタミンB1を多く含む食材にはうなぎや豚肉があり、土用の丑の日にうなぎを食べる習慣ができたのもこのことが背景にあります。
 暑い夏の日では、食べやすい麺類だけで食事をすませてしまったり、あっさりしたものだけになりがちですが、そんなときは肉類や魚介類をトッピングすることでたんぱく源を取り入れたり、野菜をトッピングしてビタミン・ミネラルを補給するなど、できるだけ栄養が偏らないように工夫しましょう。また、料理を作るときは酢やレモンなどの柑橘類を使ってさっぱりとした和え物にしたり、香辛料をうまく利用したりして食欲を増進させるなど、調理法や味付けに変化をつけてみてはいかがでしょうか。
 規則正しい食生活とは食事内容だけでなく、十分な睡眠、適度な運動をすることも重要です。これらのことも意識して暑い夏を乗り切りましょう。

すこやかケアー(整体・カイロ・マッサージ・気功)