最新情報 rss

2013年10月03日(木)

熟睡して健全な身体にもう一度!

つくば市の整体・カイロ・マッサージ・気功のすこやかケアーです。

体内リズムを整える最も重要なポイントは、朝起床した時に20分以上太陽の光を浴びることです。

なぜなら、私達の体内リズムは25時間周期になっていますが、朝の太陽を光を浴びることで体内リズムがリセットされ、その日に合わせたリズムで生活することができるからです。
また、朝の太陽の光を浴びることで、次のようなメカニズムで自然な眠気が促されます。

  • 朝太陽の光を20分以上浴びることで、セロトニンという脳を覚醒するホルモンが分泌される。このホルモンにより、日中の時間帯をより活力に溢れた状態で過ごすことができる。
  • セロトニンが分泌されてから、約14〜16時間後にメラトニンという眠りを促すホルモンが分泌される。就寝する時間帯は、メラトニンが分泌されてから3時間以内が良いとされている。
  • 朝6時に起床して太陽の光を浴びれば、20〜22時の時間帯にメラトニンが分泌され、その後3時間以内に自然な眠気が促されていく。

このように、朝起床した時に20分以上太陽の光を浴びることで、あなたは日中を活力と
共に過ごすだけでなく、就寝する時間帯に自然な眠気を得ることができるようになります。健康的な睡眠をおこなうためには、この自然な眠気を得るということが欠かせません。

すこやかケアー(整体・カイロ・マッサージ・気功)