最新情報 rss
2016年12月19日(月) 椎間板ヘルニアの原因と整体について。
つくば市の整体院、すこやかケアーです。
もう今年も残すところ、あとわずかになりましたね。
何事も悔いの残らない様に最大限の準備をして臨みましょう!

寒さも手伝ってか、腰痛でお困りの方からのお電話がありました。
椎間板ヘルニアは、腰椎と腰痛の間にある椎間板が通常の位置から飛び出し、
神経束をじかに圧迫するために起こる症状です。
たいていはぎっくり腰同様、激痛から始まりますが、神経が直接圧迫されているため、
腰の痛みが引いた後も脚の痛み、ツッパリ感、痺れなどが残るのが特徴です。
椎間板ヘルニアの場合、腰自体がもともと弱い人が発症するケースも確かに多いのですが、
症状が出た部分に関連する内臓の不調が原因の根本となっている場合も多々あります。
例えば女性の場合、生理痛で腰が痛く、重く感じる人がいます、また腎臓や膀胱が悪くて
腰が痛くなる場合もあります。
こういったケースでは生理痛なら腰痛4番、腎臓なら腰椎3番というように、悪い箇所と関連する
腰椎が痛みを感じるようになるのです。それを治さずに、いくら強力な注射を打ったり手術したところで、
根本の原因を取り除かなければ単なる対処療法にとどまってしまいます。

すこやかケアーの整体は、腰椎の矯正は勿論の事、悪い箇所以外も整えさせていただいております。
全体の中の部分、つまり腰痛になっている根本の原因を見つけて、総合的に対処していきます。